WORKS

CLIENT ORDER

肉と野菜を使った、新しい業態をつくりたい

OPEFAC ANSWER

"偏愛者専用レストラン"というエッジを立たせた新業態

扱うのは「肉と野菜」という定番食材。だからこそ競合も多く、差別化が難しい。さらに現代は情報が溢れ、コモディティ化が進んでいます。私たちは企画の視座を「食材=モノ」から「ヒト」に変換し、キャッチコピーを「偏りは、愛だ。」に。食のこだわり層に対して吸引力の高い新業態を生み出しました。

01 OPERATION STYLE

中食と外食を複合したコンビニエンス業態と、無人ホールオペレーション

ビジネス街という立地特性も踏まえ、クイックなオペレーションかつ、オールデイ、テイクアウトまで対応する業態、イメージはファストフードをモデルにしたグルメボウル専門店という業態です。
そこで、私たちからメーカーのタッチパネル式オーダーマシンを新開発の段階から監修し、ホールスタッフオペレーションのモデルを完成させました

works-Brandingdesign_02

02 FOOD MENU

人のライフスタイルによって選べる100種のグルメボウル

肉と野菜を盛って作る、5ジャンル×20種=合計100種のグルメボウルのメニューは野菜だけ、糖質抜き、パワーフード、夜のパブ&バー使いが出来るお酒のアテ…というような様々なライフスタイルのニーズを取り込んだ。中食ニーズに応えるべくファストフードのように全商品テイクアウトが可能です。

works-Brandingdesign_03

03 DESIGN

ファクトリーキッチン・無人だからこそ“語るデザイン“でブランディング

だれでも一度は行った事のある“工場見学”をイメージしたファクトリーキッチンが内装の主役です。野菜の洗浄マシンは厨房メーカーと1から製作しました。店内に配置したピクトグラムは年齢や性別を問ず言葉を使わないデザイン。鏡に文字が浮かび上がる、呼び出しシステムはネオン管をイメージしたフォントを使用。オペレーションとデザインを融合した、独自の世界観を表現しました。

works-Brandingdesign_07
  • brand-design-image_0830-1
  • brand-design-image_0830-2
  • brand-design-image_0830-3
  • brand-design-image_0830-4
  • brand-design-image_0830-5
  • brand-design-image_0830-6
    MEMBER
  • 企画・マネジメント:NAKAJIMA SHINPEI / NAGAI KENICHI
  • インテリアデザイン:rojak
  • デザイン監修:NAGAI KENICHI
  • メニュー開発:ONUMA ATSUSHI
  • グラフィックデザイン・撮影:YASUDA AYAKA
    SHOP DATE
  • NAME:MOLNODA
  • ADRESS:名古屋市中区錦二丁目12番5号 サン・錦本町ビル1F
  • TEL:052-684-4727
  • OPEN:11:00-23:00
  • URL:https://molnoda.com

COPYRIGHT © OPERATION FACTORY, Inc.